目指せ満員札止めの釣堀!?
と宣言して 二年目突入〜

お客さんの数に合わせたコンスタントな放流を心がけて営業しています

ターゲット!
レインボウ・スティールヘッド・ドナルドソン・カムループレインボウ・岩魚・ブルック・ジャガー
林養魚場の素晴らしい魚達です

自然な池の状態 魚と天候に自然に向き合える釣りを楽しんでください

時間券800円!!イジになって維持します!! ご利用ください!!

燻製サービスあり!
燻製希望のお客様お申し付けください
釣った魚を燻製加工してご自宅にお送りいたします!!(有料)

いまだ小さい看板ですが
見つけてください 

朝一のシローの仕事
コーヒー焙煎


シローズ・アングル
329-3225
栃木県那須郡那須町豊原丙3957−3
0287−72−7061
shirosangle@officehisago.com
<< いやがらくたもいいけどワカサギどうなったの | main | 道路状況 >>
劇支部釣り場に各人の流儀あり
 はい。いわずともしれてますけど。
キクチです。

渋い。渋いですなー。
渋柿ではないですよ。栗の甘皮でもありません。
ゆでたほうれん草をそのまま口いっぱいほうばってもぐもぐもぐもぐ・・。
渋いんです。

でもね、釣れる時もあるんですよー。

こないだ来た人なんか、他の人苦戦している中一人結構釣れていて、
帰るときにどこをどうして釣れたんか聞いたんです。
ふむふむ、なるほどね〜。
デジ、、デジマキってなんだっけ・・。ボトムってえーと、、、ほえ〜。
そんで即席に知識をえたキクチ。

次に来たお客さんに早速、
「激渋ですけど、ボトムをデジマキがいいんじゃあないですか。」
な〜んて知った風に言ってみたら、

「自分は自分の流儀で釣ってみるから、いいんですよ。それで釣れなくっても構わないんですよ」
って。

おおおおお〜〜〜。
そうですねそれはそうです!その通り!そうでした!
失礼いたしやんした。
情報を得て研究するのもよし。
自分で発見して釣るのもよし。
釣れてもよし。
釣れなくともよし。

やっぱ人それぞれ釣りの流儀がありますね。
だから奥深いんですねー。楽しいんですねー。

そして、一番うれしいことは、みなさん釣れなくても、
「いや〜渋かった〜」などと言いながら笑顔で帰っていってくれます。
いやー、うちに来るお客さんは皆さん素敵な釣り人でありがたいです。

ビバ!釣り人。





キクチの流儀はビールを飲みながらワカサギを釣る。酔拳。
(ニジマスじゃねえのかよ!という突っ込みはこの際無視)

説明しよう。(そして急いでいる人は読むだけ無駄)


巻終企画
「疾風の酔拳公魚との闘い」
作:キクチ

第1章「勝利へのスノーモービル」(抜粋)

〜この肩の力が程よく抜けた状態が水中のえさの動きをナチュラルにし
ワカサギちゃんに無駄な警戒をあたえず自然な捕食を促しそしてその瞬間
に一点凝視の一見ぼんやりとしたまなこはやわらかい穂先の微細な振動を
即時に捕らえまるで自然反射的に電動疾風君を天高く掲げることによりワカ
サギちゃんはしっかりとその針先にかかり、もはや地上に引き上げられるま
でその針先が二度と抜けることはないのであった。キクチの酔拳はそもそも
えさ付けの段階からすでに静かな闘いの中にいた。いやそのもっと前、今朝
最寄のセブンで黒ラベル3本に穂先メンマ、ザーサイ炒めをチョイスした時点
で勝利へのスノーモービルは出発していたのだ。〜〜
(第2章「白泡の釣り師」に続・・・かない。)





Posted by : shirosangle | 日記 | 21:19 | comments(3) | trackbacks(0)
コメント
はっ!
私の睡拳を見破りましたね!
一見、ただ眠たい人に見せかけて釣る。
時には舟をも漕ぎながら・・。
これには修業がいります。
今回はさらに、釣れた時となりのシローの
仕掛けと絡ませて
相手の戦意を喪失させるという作戦も。
(見方同士でなぜ・・・)
しかし・・・おっしゃるとおり、
サッポロ黒ラベルがないと
この技は完成することができません。
修業のみちは長く険しいものです・・・。
| キクチ | 2011/02/27 10:09 AM |

シローさんへ。次回の今冬最後のワカサギ釣りで私が負けたら、今度の冬にワカサギ釣りに行くまで、ワカサギの話をするときはシロー師匠と呼ばせてもらいます。
| 構図魔 | 2011/02/26 6:35 PM |

う〜む、「酔拳」もすごいが私はもっとすごい釣法を見た。あれは古い釣魚歴史書に書かれている、過去何人もの勇気のある釣り師が挑戦し敗れていった「睡拳」か。眠りながら気配を消し、全く公魚に警戒心を与えず釣られたことも感じさせないうちに釣り上げるという幻の釣法。ここ何年も挑戦している眠り釣り師のNちゃんも成功していないのに、いとも簡単に成功させるとは。さすがキクチ釣人。(シローとかいう道具に情熱をかける釣り人は足元にも及ばないね←負けた腹いせ・・しつこい男だなあ)。しかし、ここで私は気がついた、キクチ釣人の睡拳の弱点を。それは・・・黒ラベルが無いと出来ないという事を。(それにしても鋭い男だなあ俺は←自画自賛)
| 構図魔 | 2011/02/26 6:31 AM |










この記事のトラックバックURL
http://shirosangle.officehisago.com/trackback/1600993
TOP