目指せ満員札止めの釣堀!?
と宣言して 二年目突入〜

お客さんの数に合わせたコンスタントな放流を心がけて営業しています

ターゲット!
レインボウ・スティールヘッド・ドナルドソン・カムループレインボウ・岩魚・ブルック・ジャガー
林養魚場の素晴らしい魚達です

自然な池の状態 魚と天候に自然に向き合える釣りを楽しんでください

時間券800円!!イジになって維持します!! ご利用ください!!

燻製サービスあり!
燻製希望のお客様お申し付けください
釣った魚を燻製加工してご自宅にお送りいたします!!(有料)

いまだ小さい看板ですが
見つけてください 

朝一のシローの仕事
コーヒー焙煎


シローズ・アングル
329-3225
栃木県那須郡那須町豊原丙3957−3
0287−72−7061
shirosangle@officehisago.com
<< ノンビリムードですいませーん | main | プレゼント >>
I Jet Link  高橋さんのこと
シローズアングル今期オープン日
10月24日
I JET LINK ルアー試釣イベント!!
にトモナイ 

ちょっと
I Jet Link 高橋さんのこと

高橋さんとの出会いは シローズアングルの常連さんYさんの紹介
釣りについての知識がなにもなく ただ田んぼの水源と 夏のアートフェスティバルのためだけに釣堀を始めたワシは 
釣堀業界釣具店管理釣り場雑誌等々に相当なレベルでアホ扱いされていたと思う

大儀を孕んでいるとはいえ人に説明するたび 宣伝に歩くたび取材を受けるたび いつも気が重く 

あーまたアホを見つめる目で見られるな〜と 

表面は笑みをタタエていたけれど 深いフカイ心の深いところで実は消沈していたのだ 
そんなワシをYさんは知ってかシラズか見かねてか 来るたびに様々な助言をしてくれていたのだ

で 彼が Yさんが
JET社長という方がいて これが彼の作ったルアーである ブラストイットという



非常によく釣れる 造型も素晴らしい
そして彼自身の人柄もいいから あってみるべし 

というのだった
 
ルアーがなんたるかの知識をなにも持たなかったワシは お客さんに日々教えられ それでも勉強追いつかず 毎日 釣具の難しい横文字と格闘 煩悶 
さるルアーメーカーの偉い方が来たときなどは 
色と形が気に入って(つまりデザインだけ気に入って)レンタルロッドに付けていたスプーンでは大きく重くて 業界ではルール違反だということを教えられ 撃沈
夜など食い散らかした虹鱒燻製の尻尾なぞ咥え 月に向かって泣いていたのである
泣くくらいなのに 
JET社長 ジェット社長! なんて鋭い響きの社長に面会できるのかワシ?
イヤイヤイヤン 釣具のことなど考えたくない とビビリながらも連絡先携帯を教え 数日待っていると 携帯がなった 

「こんにちは アイジェットリンク 高橋で〜す」

近くに来ているからちょっとよりますとのこと
その日はあいにくワシ本人は外出中 スタッフに釣り場をまかせていた上 小雨模様
まさかお客も少ないと思っていたときの不意をつかれモフモフと失語気味に会話
外出中だから対面かなわず それでも 不意だからねっ 止む無し
釣具業界にビビッているワシは残念な気持ちと共に 真実 ホッ
アホが露呈することをしばらくの間免れたような気になっていたが
考えていたより柔和でフランクな声に ホッ 
だが業界の作戦を警戒して 少しワシ キリッ
そこで再び会うことを約束 連絡することを約束 イベントをすることを約束・・・・

えっ?

イベントってなに? ルアーのイベント? 踊るの?楽団とか呼んでパーティー?
出店でたこ焼き? 焼きそば焼いたりさせられんのかしらワシ?

ビビリの妄想はどこまでも膨らむのだが 販売ではなく「試釣」のイベントだという

試釣? えっ? 無くしたらどうすんの? 魚に取られたら弁償? 

というまたまた細かいワシの心配をよそに 
よそに というより尋ねる暇も無く ニコヤカニ 平和に イベント決定!!
もう天にまかせよ という感じで快諾・・・・・ でなんの打ち合わせもないまま

第一回 I JET LINK ルアー試釣イベント
当日になったのでした・・・・・

当日朝 いつもどおり自転車で釣り場に駆けつけたら 先に釣り場に到着していたのはなんと高橋さん
自転車を降り 車から出てきた高橋さんと 握手したら・・・・・

ハハ 魔法にかかったように 不安と心配が飛び 
心身ともにメロメロ柔らかくさせられてしまったの・・・ワシ

 

http://www.ijetlink.jp/


次回に続く

Posted by : シロー | - | 18:09 | comments(1) | trackbacks(0)
コメント
こんにちは。
楽しく拝見いたしました!

シローさんにそんなに気苦労させていたとは。
相手の事をもっと思いやる気持ちを
作らねばなりませんな!

今度のイベントは、打ち合わせを重ねましょう。
でも、私がすることは前回と一緒。
何の弁償もなく、シローさんはいつも通りの営業を
してくだされば充分です。

ただ、お客さんがいっぱい来ちゃうかも…

電話をしますねぇ〜。
| 高橋です | 2009/10/14 9:39 AM |










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP